「情報商材販売のネットビジネスをやっているけれど、中々成果が出ない」と悩んでいる人もいると思います。
今回は、そんな方に向けて、情報商材販売のビジネスを継続させるコツを解説します。

まず1つ目のコツですが、「多くの顧客が必要ではない事を知る」という事です。
情報商材の販売では、他のネットビジネスに比べると、「少数の顧客」でも十分に稼ぐことが出来ます。
例えば、SNS等で集客をしているとして、フォロワーが少ししかいなかったとしても、気にする必要はありません。

それよりも大切なのは、「濃いフォロワー」です。
皆さんに深い興味を持ち、ファンになってくれそうなフォロワーが100人いるのであれば、それは十分です。
仮にフォロワーが1000人いても、1万人いても、あなたに関心のない人ばかりであれば、情報商材はほとんど売れませんから。

2つ目のコツは、「習慣化する」というコツです。
これはどういう事かというと、おそらく皆さんは何らかの方法で情報発信をされていると思いますが
「習慣化」が出来ているでしょうか?
できる限り、同じ時間に情報発信をした方が、顧客はつきやすいです。
なぜなのでしょうか?

例えば、会社員Aさんがいたとします。
Aさんのルーティーンは帰宅後に、すぐに夕飯を食べるのではなく、スマホを触ってツイッターを10分くらい見る事だったとしますね。
そうすると、同じ時間に皆さんが投稿していれば、AさんのTwitterに皆さんのツイートが表示されるわけです。
そして、「単純接触効果」によって、たった10分であったとしても、それが毎日続けば、Aさんの中で、皆さんはより重要度の高い人物になっています。

では、継続する上でなぜこれが大切なのかと言うと、「同じ時間にやると、習慣化がしやすいから」です。
習慣化した時は、顧客のためにもなりますし、皆さんのためにもなって、一石二鳥です。

3つ目のコツは、「まず1成約を目指してみる」というもの。
皆さんは、まだ1成約もされてはいないのでしょうか?
もしそういう方がいるのであれば、「まず1成約を目指す」というのがおすすめです。
一つ成約できれば、あとはその数を増やしていけばいいだけの話ですよね。

そして、一つ成約できれば「本当に情報商材の販売って稼げるんだ」という強い自信にもなります。